September 11, 2021

FlutterでDefaultで使われている色たち

※ Flutterバージョンは執筆時最新の2.5.0のtagでコードのリンクを載せています。

Flutterはマテリアルデザインをベースに作られているため、 マテリアルデザインに沿ったデザインのアプリを作るときは既存のコンポーネント(Widget)を利用でき爆速で開発できます。 さらに爆速で開発していくためにはデザインコンポーネントを定義していく必要がありますが、 Flutterにはテーマの概念があり、自分で定義した任意のテーマを設定できます。

定義した独自のテーマはMaterialAppに設定できます。

MaterialApp(
  title: 'Example App',
  theme: lightTheme,
  darkTheme: darkTheme,
  home: const HomePage(),
);

theme を設定しない場合は ThemeData.light() が選択されます。[Code]
一方 darkTheme を設定しない場合は、端末の設定によって切り替わることはなく theme に設定した色のみが利用されます。

Flutter内部ではThemeDataにある色のリストから参照されています。[Code]
この部分のコードを見てみると isDark というフラグがあり、ThemeDataはダークテーマとライトテーマで使い分けています。

 final bool isDark = _brightness == Brightness.dark;

また、アクセントカラー等の色は単色で定義されているのですが、マテリアルデザインの基本Widget(Dialog, AppBar, Button, etc…)はそれぞれThemeが設定できます。
e.g. BottomSheetThemeData(), AppBarTheme(), CardTheme(), etc…

ThemeDataの各WidgetにThemeが設定されていない場合は、Widget内部でWidget専用のデフォルトカラーが定義されているかThemeDataのデフォルトカラーが使われています。

Default Colors

デフォルトカラーとして定義されている(個人的に)重要な色をライトテーマとダークテーマに分けてピックアップして書いておきます。

Base Colors

Primary Swatch

アプリ全体のテーマを決める重要なベースカラー
この色を基準にアクセントカラーが決まっている。

Primary Swatch
Light/Dark
#FF2196F3(Colors.blue)

Primary Color

Primary Color
Light
#FF2196F3(PrimarySwatch)
Primary Color
Dark
#FF212121(Color.grey[500])

Secondary Color

Secondary ColorはColorSchemeに定義されていて、ThemeData.colorScheme でデフォルトの ColorSchemeが設定されて[Code]ColorScheme.fromSwitch で定義されています。 [Code]

Secondary Color
Light
#FF1976D2(PrimarySwatch[700])
Secondary Color
Dark
#FF00BFA5(Colors.tealAccent[700])

Accent Color

Accent Color
Light
#FF2196F3(PrimarySwatch[500])
Accent Color
Dark
#FF64FFDA(Colors.tealAccent[200])

Error Color

Error Color
Light/Dark
#FFD32F2F(Colors.error[700])

BottomAppBar, Card, Dialog Color

BottomAppBar, Card, Dialogの背景色

BottomAppBar, Card Color
Light
#FFFFFFFF(Colors.white)
BottomAppBar, Card Color
Dark
#FF9E9E9E(Colors.grey[800])

Disabled Color

Disable Color
Light
#62FFFFFF(Colors.black38)
Disable Color
Dark
#62000000(Colors.white38)

OnSurface Color

ButtonのDisable時, TextInputFieldのBorder等のベースになる色
使われる時はOpacity(Alpha)の設定がされている事が多い。

OnSurface Color
Light
#FF000000(Colors.black)
OnSurface Color
Dark
#FFFFFFFF(Colors.white)

Splash Color

ボタンを押した時に表示されるRippleの色等に使われています。

Splash Color(_kLightThemeSplashColor)
Light
#66C8C8C8
Splash Color(_kDarkThemeSplashColor)
Dark
#40CCCCCC

Divider Color

Divider Color
Light
#1FFFFFFF
Divider Color
Dark
#1F000000

Widget Colors

AppBar

[code]

AppBar Color
Light/Dark
#FF2196F3(primaryColor)

Button

ここではElevated Button

[Code]

  • Default

    Button Color
    Light/Dark
    #FF2196F3(primaryColor)

  • Disable

Button Disable Background Color
Light
#1F000000(onSurface.withOpacity(0.12))
Button Disable Background Color
Dark
#1FFFFFFF(onSurface.withOpacity(0.12))

Switch

これを調べている時にSwitchはドキュメントが間違っていたのを発見したのでプルリク しました。
※ 画像はMaterialDesignのサイトから取得。Switch

Switch

Switchは、1の部分をThumbと呼び、2の部分をTrackと呼びます。 また、Switchの状態をこのように定義します。

Switch States
Thumb

[Code]

  • Enabled, On
Switch Thumb Enable/On Color
Light
#FF1E88E5(toggleableActiveColor => accentColor ?? primarySwatch[600])
Accent Color
Dark
#FF64FFDA(toggleableActiveColor => Colors.tealAccent[200])
  • Enabled, Off
Switch Thumb Enable/Off Color
Light
#FFFAFAFA(Colors.grey.shade50)
Switch Thumb Enable/Off Color
Dark
#FFBDBDBD(Colors.grey.shade400)
  • Disable, Off
Switch Thumb Disable/Off Color
Light
#FFBDBDBD(Colors.grey.shade400)
Switch Thumb Disable/Off Color
Dark
#FF424242(Colors.grey.shade800)
Track

[Code]

  • Enabled, On
Switch Track Enable/On Color
Light/Dark
#800079d1(activeColor.withAlpha(0x80))
  • Enabled, Off
Switch Track Enable/Off Color
Light
#4DFFFFFF(Colors.white30)
Switch Track Enable/Off Color
Dark
#52000000(black32)
  • Disable, Off
Switch Track Disable/Off Color
Light
#1AFFFFFF(Colors.white10)
Switch Track Disable/Off Color
Dark
#1F000000(Colors.black12)

TextField

Fillが背景色付きのTextFiled 、Outlinedは枠だけのTextFieldを表しています。

TextField

Border Color

[Code]

  • Focused
TextField Border Color
Light/Dark
#FF2196F3(colorScheme.primary)
  • Filled

InputDecorator.filled を trueにすると選択される。[Code]

参照元は ThemeData.hintColor

TextField Fileld Border Color
Light
#99000000(Colors.black.withOpacity(0.6))
TextField Fileld Border Color
Dark
#0x99FFFFFF(white60)
  • Default
TextField Default Color
Light
#61000000(onSurface.withOpacity(0.38))
TextField Default Color
Dark
#61FFFFFF(onSurface.withOpacity(0.38))

Background color

  • Filled

Decorator.filledをfalseにするとColors.transparent になる。[Code]

TextField Fileld Enable Color
Light
#0A000000
TextField Fileld Enable Color
Dark
#0x1AFFFFFF

FAB

Secondary Colorが使われます。

FAB Color
Light
#FF1976D2(primarySwatch)
FAB Color
Dark
#FF00BFA5(primarySwatch)

PrimarySwatch

ThemeDataのlight, darkはfactory constructorで生成される ので、PrimarySwatchは Colors.blue に固定されてしまいます。
TextField等でデフォルトで使われている色はThemeData経由で primarySwatch を参照するので Accent Color等を変更しても色が変わらないのはこのためです。
そのため、MaterialApp.themeThemeData.light() を設定している人は TextFieldの色を変更するには TextField.decoration から直接変更する必要があります。

ちなみにThemeDataで設定するPrimarySwatchはgetterがないので外部からはアクセスできないようになっています。
SwatchなのでSwatchを元にアプリ内のキーカラーを決める仕組みになっていて、デザインシステムから大きくずれない仕組みにしているのだと思います。
仕組みでデザインシステムからずれないようになっているのはとても素晴らしいと思います!!

まとめ

Flutterのデザインシステムはマテリアルデザインを元に作られおり、内部としてはAtomicデザインになっていてとても好きです。
Flutterでアプリを作った際に自動的に設定される色を変えたくても変わらずに困った時は theme_data.dart, color_scheme, 各Widgetを見ると大体解決できるので、困った時はこの辺りのソースを見ると良いです。
よく使われるWidgetのデフォルトの色をピックアップしておいたので、Figma等でデザインコンポーネントを作るデザイナーの方にも役立つと嬉しいです。

© AAkira 2021